あさきの曲と共に書く不定期更新日記


by asaki-konoko

[秘密 其ノ一]

それらは概ね、はねつきあたまのあの子の帰りを待つ わたくしどもが
デタラメに吹く口笛を薄くのばして作った風車でありますゆえ
まあ「虚飾は何とか」とでも申しますか
くるくるくるくるくるくるくるくる
廻る風車
あーっーまた帰ってきた!!
『おかえりなさい』

[秘密 其ノ二]
 
尾のない赤い目をした子犬が彼に問う
(そうそう これも『お月さまが照らしてくれた秘密』なのですが)
「それは羽かしらん?」と
ほうき星に導かれてここまで来たんだと
くぅるり まわる 風車は折れた


[アノ子何処ノ子]

人肌恋しい 恐れのお山で僕は産声をあげました
カタカタ 風と風車 調律はお好みで
母様は音のない人で 泣けども 泣けども
爪かじり 飛び回っていた
『帰依』だとおっしゃっていた

「残月にお祈り」
「寄らば大樹の陰だねー」

「そう(笑)誰よりもずっと 優しくされたいのでしょう?」

ラ~ララ~と貴方は言う 舌を回しながら
千の目が恐くて
泣きながら月にお祈りした


~青より白濁 白より蒼い天上の月光を以て初めて
   鮮明に浮かび上がる千の羽を頭に縫いつけた結果~

地よりも低い空へと昇り のぼり ま すー ませんかーましょうー

『君が』

「綺麗ナー」と 母は見てくれた
ひらひら ひらひら 千枚羽
相も変わらず唄を歌う でも音がないね 母様
震える銀の波
祈り・願いの代償=ズルリと頭から伸びていく
母は笑っていた
『月へと伸びていく母を追いかけて泣き叫ぶ僕の後ろではねは静かに ただ静かにゆれていた』

ああ 風車はからんからんと音をたてて流れていく
流れていく
微笑だけを残して


赤い空の窓に消えていく母をよぶ
唄を歌った 喉が枯れるほど



幼き歌声をのせた 月の雫は
降り注ぐ光のおびに溶けて星になる
つよく ねえ そう 高く背伸びしたよ お月さま
空へと落ちていく


『あっあっーまた帰って来たー』



もし きみきみ はねははえました?
[PR]
by asaki-konoko | 2005-09-28 12:50